お試し!コエンザイムQ10速報

発酵型・還元型などの違いについても説明

メインイメージ
画像
見逃せない成分「コエンザイムQ10」
画像

コエンザイムQ10は最近ではかなり一般的になってきました。
簡単に説明してしまうと、CoQ10は生きるエネルギーを作り出す為に必要不可欠な存在であり、なおかつ強力な抗酸化作用を持つ成分です。
積極的に摂取することでイキイキとハリのある生活を実現してくれます。
まさに、今もっとも見逃せない成分なのです。

○コエンザイムQ10はこんな成分
画像

現在では、サプリメントとして認識されているコエンザイムQ10ですが、かつては医薬品としても活躍していたという歴史を持っています。
まさに幅広い範囲で活躍している成分なのですが、一体どんな物質なのでしょうか?

コエンザイムQ10は略称「CoQ10」とも呼ばれることがあります。
元々はアメリカで発見されたものですが、日本での研究も盛んです。
安全に効率よく生産する方法を開発したのは日本の企業ですし、我が国では様々な形で製品化が行われています。 また、健康と美容をサポートする効果は世界中で認められています。

コエンザイムQ10の安全性

コエンザイムQ10の幅広い効果から、副作用や安全性などについて疑問を持っている人もいる様です。
しかし、コエンザイムQ10の安全性は十分確保されていると言えるでしょう。
その理由は下記の通りです。

食品にも含まれている

コエンザイムQ10は微量ではありますが、食品にも含まれています。
野菜をはじめ、肉や魚などにも含有されているのです。
日本人の一般的な食生活の場合は、一日あたり平均して2mg程度を摂取していることになります。
つまり、私たちは日常的に微量ではあるものの、CoQ10を摂取しているのです。

もちろん、それだけでは変化を実感することはできないので、サプリメントからの摂取が必要となります。
※代表的な安全性の高いサプリメントとしては協和発酵バイオの発酵型コエンザイムQ10EXなどが挙げられます。

画像画像

サプリメントである

以前は薬品として利用されていましたが、現在ではサプリメントとして認められています。
つまり、CoQ10は健康食品なのです。
副作用がある成分・物質の場合は健康食品として認められません。
つまり、コエンザイムに副作用はないのです。

身体に元から備わる成分である

コエンザイムQ10は元々身体に備わっている成分です。
その為、摂取したからといってアレルギーが生じることはありません。

以上の条件からも分かる通り、コエンザイムQ10は非常に安全な成分です。
数あるサプリメントの中でも特に安全性は高いと言えるでしょう。

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10には主に二つの働きがあると考えられます。
まずは、その二つの主な働きを整理してみましょう。

生命活動に必要不可欠!エネルギーを生産する

画像

人間の身体は数えきれないほどの細胞から成り立っているということはご存じでしょうか? 数にして、約60兆個もの細胞が私たちの身体を形作っています。
イキイキとした健康的な生活を手に入れ、いつまでも若々しく美しい状態を維持するポイントは、 この細胞を常に活発かつ正常な状態に保つことだと言えるでしょう。
それによってアンチエイジングが可能になると言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、細胞は生命活動に必要不可欠な「エネルギー」を作り出すからです。
具体的には細胞内にあるミトコンドリアという部分でエネルギーが生まれます。
ミトコンドリアでは食事から摂る栄養素と呼吸から得た酸素を使ってエネルギーを作るのですが、この際にコエンザイムQ10もあわせて必要になります。
上記の内、どれが欠けてもエネルギーの生産は上手くいかないのです。

エネルギーが不足すると、細胞の機能が低下してしまいます。
さらに細胞が傷ついてしまった場合はエネルギーを使って修復しているので、エネルギー不足になると、これもできなくなってしまうでしょう。
細胞の数が減ってしまうと、老化が進み、疾病にもつながります。

CoQ10の役割まとめ:
・エネルギーの生産をサポートする
・エネルギー生産の際に生じる活性酸素を消去する

抗酸化作用でサビを抑える

画像

金属に付着する「サビ」と同じように私たちの身体も年齢を重ねるとサビついてしまいます。 リンゴを半分に切って、そのままにしておくと酸化して茶色くなりますよね。
それと同じことが人間の体の内部にも起きているのです。

人間の身体が錆びついてしまう原因としては「活性酸素」の存在が挙げられます。
私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、その内の約5%は活性酸素に変化してしまうのです。 そして、身体を錆びつかせてしまいます。

活性酸素は本来は体に備わる防御機能なのですが、その数は紫外線やストレスなどによって増えてしまいます。 そして、その攻撃性の強さから細胞を攻撃して錆びつかせてしまうのです。

過剰に発生してしまった活性酸素から身体を守る手段として挙げられるのが抗酸化作用。
この抗酸化作用も身体に元々備わった機能なのですが、年齢とともに少しずつ機能が劣化してしまいます。
身体に備わった抗酸化作用として挙げられるのが、コエンザイムQ10。
20代頃まではコエンザイムQ10の分泌量は十分なのですが、その後、徐々に減ってしまいます。
結果、身体が錆びつきやすくなり、老化を実感するようになります。
40代頃から急激に老化現象が早まるのには、そんな理由があったのです。

それに対抗する術として、身体の外からコエンザイムQ10を摂取するという方法が挙げられます。
常に体内に十分な量のコエンザイムQ10を持たせておくのです。
これによって、老化を防ぎアンチエイジングにつながります。

CoQ10の役割まとめ:
・サプリメントでCoQ10を摂取して抗酸化作用を補う
・身体の錆びを抑えていつまでも若々しさをキープする
画像

身体の外からコエンザイムQ10を摂取する方法はサプリメントが適しています。
食事からでは十分な量を摂取し続けることは困難です。
おすすめのサプリメントとしては、これらが挙げられます。

協和発酵バイオ「発酵コエンザイムQ10EX」
ステラ漢方「ステラの贅沢CoQ10」(還元型)

Copyright© 2010 CoQ10 Monitor Review All Rights Reserved.